フォントのところ・・・

2015.03.23 駄ブログ
da_title.jpg
こんにちは。
今期も残すところ、約1週間!
婚期を逃した宣伝館・制作部yamaです。
 
突然ですが、呼び名によってその人の印象が変わりますよね。
 
 ○おばさん
・・・ 上品でキレイな印象。例:鈴木京○
 ○おばちゃん
・・・ 恋愛対象ではないけれど、まあかわいげのある印象。例:薬師丸○子
 ○おばはん
・・・ 厚かましく、どうしようもない印象。例:野村○知代
 
・・というように呼び方が違うだけで、受ける印象が違います。
 
フォント(文字)も一緒。先日、紹介した記事フォントって大事なんです!に関しまして、言い足りない事があります!
 よくある擬音語や擬態語(しとしと・ふわふわ・ツンツンなど)を表す時ほど、そのフォントが重要なのだと私は思うのですよ!
 例えば
プリンにつく擬態語!
02_torori.jpg
下の方が「とろ~り」感が出てるでしょ。
 
 
 例えば
傷つくひとこを言われた時の擬音語!
02_gusa.jpg
上の場合、めっちゃ傷ついてるやん! 呪われそうやん!
 下の場合、ギャルが「超傷ついたんですけど~」と言いながら3秒後には復活してそうな感じです。
 
 フォントによって受ける印象は色々。
 そんな中、2008年に開通したJR東おおさか線が駅名で使用したフォントがこちら。
02_jr.jpg
 
江戸時代くらいに、大問屋のおかみさんが、呼びつけた籠の人に、
 「ちょいと、じぇいあーるたかいだえきまで行っておくれ」
・・って感じ?
ひらがなはええねん・・・。
「じぇいあーる」って・・・。
「じぇいあーる」って・・・。
 
 さあ、今週も頑張っていきましょう!