SALE=赤の訳

2016.07.01 広告トリビア

 

今年もやってきました夏のバーゲン!

デパートやファッションビルは「SALE」の
ポスターやポップで赤一色ですね。

 

 

なぜ赤が使われるのか?ということを少し調べてみると
赤というのはプラス心理として暖かい、購買意欲、食欲増進などがあって購買意欲を高める効果があるようです。また見ている人の注意をひき、血圧や体温、興奮作用を高めるようでそれも「購買意欲」に繋がるのだと言われてるとの事。

 

そういえば某最大手の通販サイトも重要な箇所には「必ずといっていいほど赤が使われているなー」なんて納得しながら本日もチラシ、フライヤー、ポスター創りに頑張っております。

そんな宣伝館をよろしくお願いします。

 

ホームページ矢印www.sendenkan.com

フリーコール矢印0800-100-3333