CMYKの『K』って・・・

2016.09.15 広告トリビア

 

今日は、印刷にての雑学を1つご案内。

印刷、カラープリンタなどに使用されるCMYKにて
CMYKはそれぞれ、シアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)
ここまではそりゃそうだ!!の域ですよね。

 

最後に残った『K』ですが、、、色で言えば『黒』となりますが
ではそもそもこの『K』は何のKなの?

ブラック(BlacK)のK ?
日本語の黒(Kuro)のK ?

私も若い頃はそう思っておりました。

 

正解は・・・・

 

キー・プレート(Key Plate)

から頭文字1字を取ったものでした!!

 

・・・・・・・・いやいや、

 

『キー・プレート(Key Plate)』って

何ですのん!!

 

ってツッコミありがとうございます!!

 

キー・プレート (key plate) とは
画像の輪郭など細部を示すために用いられた印刷板のことであり、
これが通常黒インクのみを用いられたことにて、黒=キー・プレート
(Key Plate)にて頭文字の『K』にて表記されるようになったとのことです。

 

「Black」の頭文字の「B」にすると英語の「Blue」や「Brown」と紛らわしいから末尾の「K」にしたとの解釈もあるようですが違うみたいです。

 

まあ、昔からのことなので正直何が正解かは不明ではあるのですけどね、、、

その他、印刷の御相談に関しては

 

フリーコール矢印0800-100-3333

ホームページ矢印www.sendenkan.com