大部数印刷

2018.06.25 印刷に関して

 

印刷に関しての不定期連載〜

今日は宣伝館が得意とするチラシ印刷の中でも、
「大部数印刷」のお話です。

 

1万枚以上の印刷物の多くは「輪転印刷」という手法で印刷されるのが一般的で、宣伝館でも大部数のご注文を受けた際は、基本的にこちらの印刷手法で手配を進めております。

 

 

輪転印刷の特長は、ロール紙(トイレペーパーのような形状の印刷紙)で高速に印刷・裁断を行うことで短納期かつ低コストで大量の印刷物を仕上げられる点にあります。

 

 

もし、オフィスにあるコピー機で1000枚のカラー印刷をしようとすればかなりの時間がかかってしまいますが、輪転印刷であれば1時間あたり数万枚のカラー印刷を一気に行うことができます。

 

もちろん輪転印刷も万能ではなく、厚い紙や印刷後に紙の周りに「白いフチ」がつく仕上がりになったりしますが、宣伝館ではお客様からの多様なオーダーにお応えするために「白いフチ」をなくす裁断方法・厚紙の限界値などをしっかりご提案させていただきますので大部数のチラシ印刷・その後の配布のお手伝いなども大得意としております!

 

 

大部数印刷をお考えの際は、ぜひ宣伝館にご相談くださいませ♪
印刷物のデザイン制作も含めて、貴社への最良のご提案をさせていただきます☆

 

フリーコール矢印0800-100-3333

ホームページ矢印www.sendenkan.com