資料請求 お問合せ 会社概要

HOME ⟩ 予算から考える

各サービスの詳細はこちらをご覧ください。

少部数の印刷では、「ゆっくりコース」と「お急ぎコース」の2つのコースがあります。納期はそんなに急いでいないけど、出来るだけ安く印刷したい方は「ゆっくりコース」。金額よりも納期優先で、なるべく早く手元にチラシが欲しい方は「お急ぎコース」。その時々の状況によってコースを使い分けることをオススメします。「ゆっくりコース」と「お急ぎコース」の料金を比べたい方はこちらをご覧ください。

各サービスの詳細はこちらをご覧ください。

一度作成した印刷用データは、繰り返し使用できます。その場合の制作費は、変更範囲の量に対する修正費用のみで対応できます。ただ、修正だけではどうしても新しい企画内容や訴求点がぼやけてしまう場合は、思い切ってイチから作り直しましょう。高反響がとれれば僅かな制作費は必ず採算に合うはずです。宣伝館デザイン例はこちら。

各サービスの詳細はこちらをご覧ください。

腕に自信があれば印刷用データをご自身で作成してみるのも、費用を抑える方法のひとつ。データ作成上の注意点はこちら。WordやExel、Powerpointのデータも印刷OK!詳しくはこちら。絵を書くのは上手だけどパソコンは全く苦手という方もご安心ください。あなたの手書きした絵をそのまま印刷する事だってできます!詳しくはこちら。また、普通のチラシもアイデアひとつで、カタログや包装紙にも、ランチョンマットにも変身します。折り加工等も可能です。新聞に折込することだけが効果的とは限りません。地域性や季節、イベント内容により店頭配布やポスティングを併用などしてお客様の反応を肌で感じることも大事です。

各サービスの詳細はこちらをご覧ください。

企業や商店をターゲットに新聞折込をしたい場合は、日経新聞のみに折込することも可能です。また、チラシの反響を調べるために、今週は朝日新聞のみ、来週は読売新聞のみ、であるとか○曜日は○○新聞のみ、という折込方法も可能です。基本的な折込エリアの決め方はこちら。また、広範囲に折込をする場合には、「お店の地図」や「店舗情報」を目立たせることも非常に大事です。特に新しいお客様にとって地図等は大事な手がかり。近くまで行ったが道が複雑でたどり着けなかった、やっとたどり着いたが閉店時間だった、ではせっかく興味を持って来てくれたお客様を取り逃がしてしまいます。あくまでもお客様の目線に立ったチラシを一緒に作っていきましょう。

各サービスの詳細はこちらをご覧ください。

チラシの内容やデザインは決して「自己満足」であってはいけません。チラシの内容に強弱をつけ、分かりやすさ、見やすさを重視し、複雑な内容は極力簡素化しましょう。これまで反響の良かったチラシはどれも見やすく、分かりやすいという共通点があります。チラシを作るのは初めて、という方もご安心ください。こちら(原稿ってどうやって書けばいいの)を参考にしてくだされば、伝わりやすい原稿を簡単に作ることができます。原稿を作成するということは、依頼する側、される側、お互いの理解を深めるだけでなく、無駄な作業を省き、制作時間の短縮、ひいては少しでも制作費を安価に抑えることにつながります。

各サービスの詳細はこちらをご覧ください。

各サービスの詳細はこちらをご覧ください。

TOPへ戻る▲

各サービスの詳細はこちらをご覧ください。

TOPへ戻る▲

各サービスの詳細はこちらをご覧ください。

TOPへ戻る▲

ご予算に余裕があるときはいつもの新聞折込だけでなく他の配布方法も試してみてはいかがでしょうか? 100万円を越えてくると広告方法のバリエーションが大雑把になってしまうのが、現在の広告業界の実情です。企画内容にお悩みの方は是非一度私ども宣伝館にご相談ください。(お問合せページ)

各サービスの詳細はこちらをご覧ください。

このページを見た人はこんなページも見ています