ネーミングセンス をとるか、分かりやすさをとるか・・・

2015.04.06 駄ブログ

こんにちわ。宣伝館・制作部の汚点・・・紅一点となりました、yamaです。
季節柄、ヘアサロンさんのチラシが多いように感じております。
そこで思うのが、まず、店名が読まれへん。
めっちゃかっこいい筆記体を使っていて、オシャレには見えるのですが、何と読むのかわからない・・・という事象がよく有ります。
店名にこだわるのは自営業の方なら当然。センスがキラリと光るネーミングも大事。
でも、結局のところ、店の名前を聞いて何屋か分からなければ意味がないのでは・・・と思うのですよ。
誰もが一度は考えた筈。
自分が店を出すなら・・・。
バンドを組むなら・・・。
野球チームを作るなら・・・。
どんな名前にしよう?
yamaも考えました。
もし私が店を出すなら・・・
丼ぶり専門店をしたい。
カツ丼、親子丼など、メジャーなものから、
少しオシャレなアボガド丼とかエビマヨ丼とかがメニューに並ぶ、カウンターだけの小さな店。
見た目は和カフェ。
アルコールは置きません。
20代後半から、60代まで、幅広い年齢層から、
「今日、晩ご飯ないんだ。そうだ、あの店に行こう」
と思ってもらえるような、癒し空間を目指します。
店の名前は、
daburog_udon.jpg
え? どんぶり屋さんってわかるでしょ?
さあ、今週も頑張って行きましょう!