データを軽くする裏ワザ 其の弐

2015.06.03 データ入稿


前回、イラストレーターのファイルを軽くする裏ワザを紹介しましたが今回はフォトショップでのデータを軽くする方法をご紹介します。
チラシに写真などを配置する場合、画像ファイルはフォトショップで編集をします。その際、画像ファイルの容量が軽くなれば、入稿データ全体の容量も軽くなります。今回の裏ワザでは画像ファイル1つについての軽くなる容量は少しかもしれませんがチラシによっては写真が30点、カタログに至っては写真が100点となることもあります。
塵も積もれば山となる!小さなことからコツコツと!とは宣伝館データ師匠の言葉でありました。
【フォトショップのデータを軽くする方法】
フォトショップで画像を編集し保存する際、
​(保存形式はeps以外でもOKです)
デフォルトでチェックが入っている
■カラープロファイルの埋め込み:Japan Color 2001 Coated
のチェック外す。

これでファイルの容量は下のように少し軽くなります。

今回のファイルでは1.1MB軽くなりました。
軽くなった容量は少しかもしれませんが同じようなファイルが入稿データに10点あれば「11MB」、50点あれば「55MB」、100点あれば「110MB」軽くなり、入稿データ全体が軽くなるとファイルのコピーや圧縮、アップロードの時間が短縮されます。画像の点数が少ないと短縮された時間はわずか数十秒かもしれませんが多くのデータ制作をしていきますと、数十秒の積み重ねが大きくなります。少しでも作業効率が上がればよりデザインを考える時間にあてれますので今まで以上のチラシが出来上がるかもしれませんね。